イタリア初上陸!

Saverio Mercadante International Competition、一足お先にセミファイナルで終止符となりました!(T-T)
くやしいなー…。
でも、セミファイナリストの皆が皆、意味わからんくらい上手くて(聴けなかった人たちもいるけど)、自分がセミファイナルまで残ることができて、このコンクールで審査員の前に立って演奏できたことはものすごく良い経験になりました。
明日のファイナル、心して拝聴してきます!
Nociという、南イタリアのすっごい田舎であってるコンクールだったので、むちゃくちゃ到着に時間かかって、人さまのお力なしでは到底無理やった。

だって、電車ではまさかの車内アナウンスなし。故に時刻表と時間とをにらめっこなのに、電車遅れてて結局今どこなんかわかんなくなって(笑)
さらに、最寄りの降車駅からバスで移動だし、すげえ真っ暗だしほんと泣きそうだった。怖いし!
でも電車で出会ったイギリス人の旅人ニックや、Noci在住のイタリア人の女性が本当によくしてくれて、泣きそうになりましたー。
人のお力なしではわたしゃこのコンクールの舞台にすら立ててなかったと思う。いろんな意味で…移動に関しては今回ほんとヒヤヒヤでした…。ガチで冒険だった。
窮地に追い込まれながらたどり着いたNociという街はとっても古い、中世のままな雰囲気の街。雰囲気がちょっとでも…伝わるかしら。お料理はどこで何を食べてもとっても美味しい。
このコンクールのために日々ベリオと向かい合っていたのですが、やってるとだんだん楽しくなってきて、コンテンポラリーという分野をもっと突き詰めたくなりました。ちょうど来年も多分コンテンポラリーやれる機会があると思うから、その時のために引き出しを増やしておきたいです。
まずはSutermeisterかな。ベリオももっと完成度上げます。主に特殊技法。
コンクールだけではなくて色々な催しが開催されてて、今日は審査員も務めていらっしゃるアントニオさんのコンサートでした!
イタリア人の音楽は本当に個性的で驚くほど自由で、なんか目から鱗でした。そんなんしていーの?てくらい。

コンクールでも、その『音楽と共にある奏者の意思』みたいなものが評価されてた気がする。
まだ講評を聴けてないので明日なんとしても聞かねば!
☝︎コンサート会場。教会らしい。

Clarinetist Sayaka Yoshida Official Homepage

This is a homepage by Sayaka, classical clarinetist. クラリネット奏者の吉田さや佳 オフィシャルホームページです。 クラリネットのことやコンサート情報などを中心にお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000