変わる事と変わらん事と。

昨日はGeburstagでした(*^^*)
シャンパンもケーキもタルトもなんか夜中までたらっふくご馳走になり、すごいお腹で名古屋へ向かう道中に筆を取りよります。眠い。お腹いっぱい。
たくさんメッセージも頂きました。
こんなかけがえのない幸せをありがとうございます😊💛💛💛
『歳を重ねる』上で、年齢っていう数字はどうしようもない。
その分、少しずつ成熟していく過程を踏んで生きていると、人間的本質を問われるようになってきた気がします。
『若い』という強みはすごく限定的な魅力で誰しもいずれ失うものだから、そこに頼らず人間的本質をもって人と関わりたいってずっと思っている気がする。
それには人的成長が必要不可欠で、なかなか生きがいがある。
まぁ、34という数字を若いととるかとらんかも人それぞれですし。何やろうねこの、若い事を良しとする風習。この考えについてはアンチかも。
年齢を重ねるって人が成熟していくってこと。素敵なことと思う。

ろうそく消えるうー!↓
変わる事と変わらん事とっていうのは、
そういう思いからくる『変える(改善する)べきこと』と『どしても譲れない事』の2つをどっちも大事にすることでちょっとずつその『人』が出来上がっていくよね。って改めて思うといえことで、

変わる事=成長する事
という面と、
変わらない事=自分が大事にしている、どうしても譲れない事
という面

どっちも大事にしながらまた改めて1年精一杯生きようと思いまーす!
最近自分の中で変わった事といえば
自分が『あー素敵だな』って感じたり、感動したりするような音楽が自分に集まってくるように
自分がその中に身を投じられるべき奏者として在るべき姿でいたいと思うようになった事、かもしらん。

ばーんと、ずっと煮え切らなくて小さな失敗を繰り返していたんだけれど、
あるときそれが溜まりに溜まって自分が許せない失敗をした時に

ものすごくショックで怒りさえ覚えて、涙がでた。

これ、結構最近。

それがきっかけで、
ばーんと勢いがひらけた感がある。

ばーん、吉田。
この悔しい気持ち、自分に対する怒りが、自分のお尻を叩いてくれますた。
頑張れる環境や夢中になれる音楽があるって、なんていうか本当に…苦しくて。でもそれ以上に『生きている』って実感できる理由でもある。
幸せ者やもん。私。

そりゃ足もぐにゃるわ。↓

過去のターニングポイントで『演奏家になる』という意思が生まれて、よかったー。

今年も目一杯生きるぞー燃える!

横浜で共同体と牛タンで一杯

横浜では1日コンミス。

Geburstagのメッセージくれた、でぃみとりくん(左)。とこの前来日したクルト先生、Diligentの繁下さん。
今秋、一世一代の企画がお知らせできそう。どぞ、ご期待下さい!
写真は夏の。

では!また!

Clarinetist Sayaka Yoshida Official Homepage

This is a homepage by Sayaka, classical clarinetist. クラリネット奏者の吉田さや佳 オフィシャルホームページです。 クラリネットのことやコンサート情報などを中心にお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000