Profile

Sayaka Yoshida
吉田 さや佳 プロフィール
福岡県出身。佐賀大学経済学部卒業。13歳よりクラリネットを始める。
大学3回次のオーストラリア留学で『音楽は国境を越える』事を実感して以降、『琴線に触れる音』をテーマに場所にとらわれない演奏家を目指している。現在は関西一円や東京・福岡を中心に全国各地でソロや室内楽での演奏活動を積極的に展開する他、九州交響楽団や名フィルウィンドオーケストラの演奏会に客演奏者として出演する等、オーケストラ奏者としても活動している。
2014年福岡/大阪、2017年東京にてソロリサイタル開催。
2013年 第58 回 西日本国際音楽コンクール管弦楽部門 (福岡) NHK福岡放送局賞受賞。
2017年 ディヒラーコンクール(ウィーン)最高点で第一位。
2018年 SaverioMercadante International Clarinet Competition(イタリア) セミファイナリスト。同年、関東学院中学校高等学校オーケストラ部の演奏会に招聘され、ウェーバー作曲 クラリネット協奏曲第1番を共演。協奏曲のソリストとしてのキャリアをスタートさせている。
日本国内で行われた主要講習会にて、フローラン・エオー、ジェローム・ヴォワザンの各氏のマスタークラスを受講。2016年東京国際芸術協会より受講費全額免除、2017年Kurt Schmid氏・WMSより全額奨学金を授与され、ウィーン国立音楽大学で開催されたウィーンナームジークセミナーに参加。いずれにおいても選出者コンサートに出演、ディプロマ取得。同セミナーにてクルト・シュミット、クルト・フランツ・シュミットの各氏のマスタークラスを受講。2016〜2018年においては毎年ウィーンへ赴き研鑽を積む他、現地コンサートに出演も果たしている。
クラリネットを原口晃二、藤井一男、ロバート・ボルショス、ゲラルド・パッヒンガーの各氏に師事。